gallery

『虹男』

DATA

1949年7月18日公開 大映

ストーリー

物理学者摩那龍造の蓼科にあるの別荘で放火殺人事件が起こり龍造の門弟が焼死する。
新聞記者の鳥飼美々は、容疑者が学生時代の友人・小幡由利枝と知る。
由利枝は龍造の後妻・志満子の姪。続いて由利枝の世話をしていたばあやが、「虹が…虹男が…」という謎の言葉を残し殺害される。
摩那家には何百年前から伝わる「虹男」の祟りがあるという。
美々は真犯人をつきとめようとするが、また次の殺人事件が起こってしまう…。

自分メモ

洋風推理サスペンス。基本モノクロ映画ですが、虹男が現れた(?)時だけ数秒間カラーの映像(下の絵の様な感じ)が差し込まれています。
公開当時のカラー部分のフィルムは行方不明で、LD発売の際に関係者への取材でカラー部分を再現したとの事。特撮らしきものはこの部分くらいです。
怪しすぎる摩耶家の人々、虹男の祟りに人工の虹…
…横溝正史ぽい家の中ドロドロサスペンス?または東宝の変身人間シリーズみたいなもの?と思って観てたんだが違った。

イラスト

『虹男』
虹男・イラスト


4コマ

英訳すると?
虹男・4コマ


2018 tellme shigenaga