gallery

『大怪獣ガメラ』

DATA
1965年11月25日公開 大映
昭和ガメラシリーズ第1作目

ストーリー

北極海上空で原爆を積んだ国籍不明機が米国機により撃墜され、積んでいた原爆が氷山で爆発。
氷の中に閉じ込められていた古代文明・アトランティス大陸の伝説の怪獣ガメラが目を覚ました。
ガメラは日本に上陸し火力発電所などを襲う。、自衛隊の攻撃を受け追いつめられるが、甲羅の中に体を引っ込めると回転ジェット噴射で空を飛び去って行った。
…その後ガメラは東京に現れ、街は火の海に。。対策本部はガメラの性質を利用し、ガメラを伊豆大島に誘導、建造中の火星行きロケットに乗せ宇宙に追放する「Z計画」を決行する

自分メモ

モノクロ作品なのでかなり昔の作品の印象がありましたが、翌年にはテレビで『ウルトラQ』が放送される第一次怪獣ブーム('66年〜68年)頃の作品です。
ガメラは円盤型になってジェット噴射で回転しながら空を飛ぶってのがワケワカランでインパクト強すぎ!
大映初の本格的怪獣映画で、少々手さぐりな所も感じますが、ガメラに助けられ感情移入する子供が出てきたり、ガメラを倒さず宇宙に追放する所などにはこれまでの怪獣映画とは少し違ったものを感じます。
翌年からはシリーズ化。昭和では計8本公開され、ガメラは人気怪獣に。

イラスト

『大怪獣ガメラ』
大怪獣ガメラ・イラスト

4コマ

いつもより多く回った
大怪獣ガメラ・4コマ


2012 tellme shigenaga