gallery

『透明人間現わる』

DATA

1949年9月25日公開 大映


ストーリー

中里科学研究所の中里博士は、密かに物体を透明にできる薬の開発に成功する。
弟子の瀬木と黒川は博士の娘・真知子に思いを寄せているが、真知子は二人からの交際の申込みを断る。
ある日中里博士、続いて黒川も行方不明になる。
数日後顔全体包帯姿の男が宝石店に現れ、中里博士の名刺を出し『アムールの涙』というダイヤの首飾りを譲るよう支配人を脅す。支配人が断ると男は包帯を取る。男は透明人間だった!
透明人間の登場に世間は騒然となる。しかし本当に中里博士が透明人間なのか…?

自分メモ

モノクロ映画です。透明人間と言えばH・G・ウエルズのSF小説の包帯グルグル姿が基本イメージ、この映画の透明人間もこのスタイルで登場します。特殊撮影はあの円谷英二。
この頃の円谷氏は公職追放によって東宝を辞職し、フリーとして活動していた時期だそうです。
円谷氏はその後東宝に復帰し、この作品公開から5年後に『透明人間』を撮ります。同じモチーフの2作品の特撮表現の違いや進化を観比べてみるのも面白いかも。
お話は東宝の『変身人間シリーズ』の原点ぽかったです。怖いのは透明人間自体でなく、それを利用する人々のどす黒い欲望…。
黒川の妹役の水の江瀧子(歌劇団のスター・男装の麗人!)が美味しい立ち位置でカッコよくてなあ…。

イラスト

『透明人間現わる』
透明人間現わる・イラスト

4コマ

事件後・愛の行方



2016 tellme shigenaga