gallery

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』

DATA

1966年4月17日公開 大映
昭和ガメラシリーズ第2作目

ストーリー

半年前、Z計画のロケットに閉じ込められ宇宙に放たれたガメラ。が、ロケットは隕石と衝突、再びガメラは地球に飛来し黒部ダムに現れ、エネルギーを吸収し火山噴火口に姿を消した。
…航空士免許を取得した平田は、兄が戦時中にニューギニアで発見した巨大なオパールを手に入れるため、友人の小野田と川尻の三人でニューギニアへ向かう。
島民の「恐ろしい魔物がいる」の忠告を無視し、虹の谷に入った三人はオパールを見つけるが、独り占めを企んだ小野寺は、川尻を見殺しにし平田も洞窟に閉じ込め、一人日本へ戻る。
島の娘カレンに助けられた平田は、オパールが宝石でないと聞かされ、娘と共に日本に向かう。
…神戸に戻った小野寺。病気の治療で当てていた赤外線がオパールに当たり、変化を始める。
オパールはバルゴンの卵だった!巨大化したバルゴンは大阪へ。そこにガメラが飛んでくるが…。

自分メモ

この映画からカラー作品に。昭和ガメラといえば『子供』な印象ですが、この映画に子供は登場しません。
作風も主人公達の欲が引き金となって大事になるというダークな色合いが強い、珍しい怪獣映画です。
途中で目が覚めて反省し、バルゴン退治に奔走する主人公の平田よりも、次々罪を重ねて深みにはまっていく小野寺の印象が強く、目を引きます。
一方の怪獣もガメラよりバルゴンの方が出番が多く、設定も凝っていてなかなか面白い怪獣です。
ドラマ部分も多く殺伐としているトコがあるので子供受けは良くなかったかも知れませんが、見ごたえのある作品です。ガメラの立ち位置は平成に近いかも。ちなみに同時上映作品は『大魔神』。

イラスト

『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』
ガメラ対バルゴン・イラスト

4コマ
それがすきだから(下ネタ注意)
ガメラ対バルゴン・4コマ



2013 tellme shigenaga