gallery

『ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘』

DATA

1966年12月17日公開 東宝
ゴジラシリーズ第7作目

ストーリー

行方不明になったマグロ漁師の兄を探すため東京に来た良太は、知り合った大学生の仁田と市野とヨットハーバーに行き、ヨットに忍び込む。船内にいた男・吉村に見つかるが、4人は一晩船内で過ごす。
良太が勝手に帆を張り、ヨットは沖へ出てしまう。ヨットは嵐に巻き込まれ、さらに巨大生物のハサミに襲われ、4人はレッチ島に打ち上げられる。
レッチ島には秘密結社『赤イ竹』の施設があり、インファント島民を拉致して強制労働をさせていた。
逃げ出した島の女性ダヨも加わり、『赤イ竹』に追われる5人は洞窟内で眠るゴジラを見つける。

自分メモ

映画の舞台はほとんど孤島で、主要登場人物はこれまでの博士や学者・新聞記者などでなく、普通の少年や青年と身近な感じでかなり作風が変わりました。ドキドキハラハラの娯楽冒険映画になっています。
ゴジラもエビラと岩でバレーボールしたり(戦っているんだけど)、動作がさらに愛嬌可愛さUP。
主人公達がゴジラを応援したり、ゴジラも人間の味方ぽく見える行動したり、立ち位置にも変化が見られます。
元々はキングコング映画のための台本でしたが、事情で企画が変更され、キングコングをゴジラに置き換えたそうです。…ゴジラ映画のターニングポイントになった作品でしょう。
あ、モスラは大体寝てたw。

イラスト

『ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘』
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘・イラスト

4コマ

香ばしかった
ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘・4コマ


2018 tellme shigenaga