gallery

『キングコング対ゴジラ』

DATA
1962年8月11日公開 東宝
ゴジラシリーズ第3作目

ストーリー

テレビ番組『世界驚異シリーズ』の視聴率低迷に悩むパシフィック製薬宣伝部長の多胡は、ソロモン諸島のファロ島で「巨大なる魔人が目覚めた」という噂を聞き、テレビ局員の桜井と古江を探検隊として現地に派遣する。
その頃北極海の調査に向かった原潜シーホーク号が、氷山の中に閉じ込められたゴジラに遭遇。
復活したゴジラは日本に戻ると生物学の重沢博士が予測したことで、日本中はゴジラの話題でもちきりに。
…島に着いた二人は「魔人=キングコング」が実在することを知り、桜井はコングを日本に連れて帰ろうと思いつく。
一方ゴジラは予測通りに日本に上陸、多胡はコングとゴジラを戦わせようと言い出し…。

自分メモ

7年ぶりに帰ってきたゴジラ映画は初のカラー。今回の目玉はあのキングコングとの対決!
今作辺りから作風が変化していて、ゴジラの悲壮感みたいなものは薄れ、爽快な娯楽映画になってます。
コングとゴジラの対決にはしゃぐ小学生男子の様な高島忠夫がこの映画の全て…ってのは言い過ぎかな?
仕事熱心な余り暴走する多胡部長の大迷惑なキャラクターも今の視点で観ると「どうよ?」なんですが、大らかでいきおいのあった頃の日本(映画界)を感じることができる楽しい映画です。
コングに捕まったヒロイン・浜美枝の錯乱ぶりも見ものw。コングとゴジラの決戦、勝敗の行方は…
ここではヒ・ミ・ツ♪

イラスト

『キングコング対ゴジラ』
キングコング対ゴジラ・イラスト

4コマ

苦手なもの?
キングコング対ゴジラ・4コマ


2011 tellme shigenaga