gallery

『モスラ対ゴジラ』

DATA

1964年4月29日公開 東宝
ゴジラシリーズ第4作目

ストーリー

超大型台風が中部地方を襲い、毎朝新聞記者・酒井、カメラマン見習いの中西、京南大学の生物学者・三浦は被害に遭った倉田浜干拓地の漂流物から謎の物体を見つける。
…一方、中静乃浦の海岸に巨大卵が打ち上げられた。
卵を買い取り、建設中のレジャーランドの目玉にしようと企てる、ハッピー興行社の熊井とその黒幕・虎畑。
その二人の前にインファント島から来た小美人が「卵を返して!」と訴えるが聞き入れてもらえない。
卵はモスラの卵だった。小美人は酒井達と出会い、卵を返すよう熊井達に交渉するが失敗。小美人は人間に幻滅しモスラに乗って島に帰ってしまう。
…その後、漂流物から放射能が検出され、再び倉田浜干拓地を訪れる酒井達。するとゴジラが出現し、四日市コンビナートや名古屋市を破壊。酒井達はゴジラ撃退をモスラに頼むためインファント島に行くが…。

自分メモ

ゴジラと他怪獣の対決も定番化、今回の対戦相手はあのモスラです!モスラ好きにはたまらないw!
この映画は先の『モスラ』('61年)とは直接繋がってないので、ここから観ても特に問題ないです。
ゴジラはヒール役に徹していて、テレビ塔に尻尾挟んで倒すわ、ズリ落ちたはずみで名古屋城壊すわと、ドジっ子な面も。
人間側のドラマも会話がさくさくとテンポ良い、勧善懲悪の娯楽色強い作品になってます。
社会風刺やメッセージ的な台詞もあるけれど、説教臭さやクドさはなく、からりとした口調で語られてます。
ゴジラ好きには悪いが、これはモスラの映画かなあ?
…そいや、インファント島の海岸にある何かの骨が2012年冬に(一部で?)突然人気に!
セットの一部で1分少々映ってるだけというのに、何故か存在感あるんですよ、怪骨さん♪

イラスト

『モスラ対ゴジラ』
モスラ対ゴジラ・イラスト1

『ゴジラ対モスラ』モスラ幼虫
モスラ対ゴジラ・イラスト2

『モスラ対ゴジラ』インファント島の怪骨
モスラ対ゴジラ・イラスト3

4コマ
敗戦の理由
モスラ対ゴジラ・4コマ


2012 tellme shigenaga