gallery

『三大怪獣 地球最大の決戦』

DATA

1964年12月20日公開 東宝
ゴジラシリーズ第5作目

ストーリー

異常気象で連日猛暑日の日本。ある日、黒部峡谷に巨大隕石が落下した。
同じ頃セルジナ王国の王位継承者・サルノ王女の来日が決まる。しかし王女を乗せた特別機は、反政府一味により爆破されてしまい、王女の生存は絶望的とされた。
程なくして、金星人の末裔を名乗る女性予言者が現れ、地球の危機を訴える。彼女はサルノ王女に瓜二つだった。
来日していた反政府の暗殺団はテレビで予言者の存在を知り、王女だと見抜き行方を追う。
一方、来日中のインファント島の小美人は、予言者の言葉を信じて日本に留まっていた。
やがて予言通りか、阿蘇山からラドン、海からゴジラが現れる。さらに巨大隕石から金星を滅ぼした怪獣キングギドラが現れた!キングギドラに立ち向かうため、小美人はインファント島からモスラを呼ぶ!

自分メモ

この映画ではゴジラ・モスラとラドンに加え、あの宿敵キングギドラが初登場!
あちこちで展開していた話がやがて一つに繋がり、ドラマ部分は無国籍映画の様なドンパチや、ラブ・ロマンスあり、陽性でテンポいい脚本と飽きさせない構成で、徹底したエンターテイメント映画に仕上がってます。
王女と進藤刑事の件はあまりにも『ローマの休日』すぎて、初見時噴きましたw。
この映画では怪獣達も色々考えてるという事が判明。怪獣バトルはさらに人間的にな動きになり、サッカーの様に石を蹴るゴジラや、モスラを背負うラドンなどちょっと可愛くて楽しそうです。
その反面、地球危機の緊張感や怖さみたいなものはかなり薄れました。
ゴジラ映画のここが一つの節目という感じで、その後のゴジラはさらに子供達のヒーローになっていきます。

イラスト

『三大怪獣 地球最大の決戦』
三大怪獣 地球最大の決戦・イラスト

4コマ

ツンデレ転がし(命がけ)
三大怪獣 地球最大の決戦・4コマ


2014 tellme shigenaga