gallery

『宇宙大怪獣ギララ』

DATA

1967年3月25日公開 松竹

ストーリー

日本宇宙開発局・富士宇宙飛行センター(FAFC)は、火星探査のため原子力宇宙船AAB(アストロボート)γ(ガンマー)号で地球を出発。しかし通信不能に陥り、そこにUFOが出現、行方を阻まれる。
γ号は月ステーションに緊急着陸、改めて火星を目指すが、再びUFOの襲撃を受ける。さらに機体に貼り付いた謎の発光体に燃料不足のトラブルが起こり、救援ロケットを呼び地球に帰還する。
持ち帰った謎の発光体をFAFC研究所に保管していたが、発光体は行方不明に。
その夜街中に停電が起こり、巨大怪獣が現れた!!

自分メモ

第一次怪獣ブームのこの頃、松竹映画も参入し製作されたのがこの怪獣映画です。
けど怪獣映画というよりも宇宙飛行の辺りに尺を取っていた印象。人間ドラマ部分は男1女2の三角関係風味の恋愛物が展開…これがわりとどうでもいい話で…。
でギララ、宇宙人的顔にボコボコな皮膚でインパクトあるデザイン。自ら火球になって飛ぶトリッキーさ。尻尾のハサミや頭のアンテナも素敵ですがこの辺りはあまり生かせず出番も物足りなかったかな。
結局UFOの正体も謎、火星探査も道半ばで消化不良感が残りました。
あ、そーいえば月ステーションのシーンでライダー1号になる前の藤岡弘、ちらりと出てましたね。
…このギララ、かなり年月経って再び映画で復活しますが、それはまた別の項で。

イラスト

『宇宙大怪獣ギララ』
宇宙大怪獣ギララ・イラスト

4コマ

ホント意味わかんない★
宇宙大怪獣ギララ・4コマ


2016 tellme shigenaga