gallery

『大忍術映画ワタリ』

DATA

1966年7月21日公開 東映

ストーリー
伊賀の国。そこでは百地三太夫を頭とする百地党と、藤林長門を頭領とする藤林組が勢力を争っていた。その陰で命を落とす下忍達…。
ある日、病気の爺と一人の少年忍者が現れ、百地に拾われ下忍になった。
少年忍者の名はワタリ。ワタリは、他国の子供をさらい忍術を仕込んでいるといわれる下忍養成所の少年・カズラと友達になる。一方で何者かに執拗に命を狙われるワタリ。その黒幕は誰なのか…?
ワタリは、大勢の下忍が「伊賀の掟」の元に次々と犠牲になる事に疑問を持ち、伊賀の掟の秘密を探るため、藤林砦に潜入する…。

自分メモ

白土三平原作。人気漫画作品の実写映画。'60年代前半の忍者ブームの中の作品の一つ。
…この作品は映画公開後にテレビ化も企画されていたそうですが、映画を観た白土先生がその出来に大激怒、その他色々あって東映との縁を切ってしまい、困った東映は当時『伊賀の影丸』を描いていた横山光輝先生に依頼、そして放送されたのが『仮面の忍者赤影』だった…という話が。
…子供向けの演出はあるけれど、五月雨城のセットは力が入ってるし、特撮も当時の最新技術に工夫も見られ、原作は未読ですがあらすじ読むと極端に逸脱してないし、ハードでシビアでドライな白土世界を出そうという努力は見られるんですが…。映画自体は楽しめました。
あとワタリ役の金子君、演技上手なんですが、眼光鋭いクールなワタリはちょっと違ったかな?
…ちなみに同時上映作品はアニメ『サイボーグ009』でした。

イラスト

『大忍術映画ワタリ』
大忍術映画ワタリ・イラスト

4コマ

こんなことしょっちゅう
ワタリ・4コマ


2013 tellme shigenaga