gallery

『大怪獣バラン』

DATA
1958年10月14日公開 東宝

ストーリー

東北地方の北上川上流にある岩屋村落は「日本のチベット」と呼ばれる秘境だった。
その村落で杉本生物研究所の二名が原因不明の事故で亡くなった。
研究所の魚崎と、亡くなった研究員の妹で新聞記者の新庄、カメラマンの堀口の三人は岩屋村落へ向かう。
そこでは「婆羅陀巍」という神を祀る信仰があり、その神の姿を見たものは命を落とすと信じられていた。
迷信にすぎないと言う三人だったが、ある騒ぎをきっかけに湖水から怪獣が姿を現し、村落を破壊する。
…自衛隊は怪獣…バランの大都市侵入を阻止するため一斉攻撃を開始。
しかし攻撃は効かず、バランは飛び立ってしまう…。

自分メモ

モノクロ映画です。アメリカからの依頼を受けテレビドラマとして制作、最終的に映画として公開。
バランは水・陸そして空も飛べる怪獣ですが、飛ぶ様はモモンガの様、体のラインは少しメスっぽいかも?
…メス?…いや性別は知らんw。スペックのわりに?東宝怪獣の中ではマイナーな部類★
全体的に登場人物がざっくりとしていて…特に兄を亡くしてすぐなのに「特ダネ!特ダネ!」と大はしゃぎする足手まといなヒロインが…その図々しさおめでたさはなんつーか…う〜ん★
長年平穏に過ごしていたバランが若干気の毒な面もある…。

イラスト

『大怪獣バラン』
大怪獣バラン・イラスト

4コマ

〆は雑炊
大怪獣バラン・4コマ


2012 tellme shigenaga