gallery

『電送人間』

DATA

1960年4月10日公開 東宝

ストーリー

遊園地のスリラーショー(お化け屋敷)内で男が一人殺害される事件が起こった。
現場には認識証とクライオトロンという針金が落ちていた…。
小林警部と新聞記者の桐岡は、被害者のブローカーと関係があった、海南貿易社長で軍国キャバレーのオーナーである大西とその仲間を張り込む。
その大西の元に殺人予告が届く。それは14年前大西達が殺害した筈の須藤兵長からだった。
予告通り須藤が現れ大西の仲間を一人殺害。小林警部達は建物内に逃げ込む須藤を追うが、そこに須藤の姿はなく、焼け焦げた謎の装置があるだけだった…。

自分メモ

『変身人間シリーズ』の第2弾。
終戦の混乱を利用して欲望にまま犯罪に手を染める人間、正義感強く真面目なのに人生を狂わされ復讐の鬼と化した人間…大西達がいかにも「悪い事してここまできました」な人達なのでつい須藤を応援してしまいそうになるけども、かと言って須藤も…なので正直どちら側にも感情移入しにくいというか、全体的にドライな作風だと感じました。
しかし…装置でかいな★
須藤を演じたのは中丸忠雄、小林警部は平田昭彦と『大鉄人17』好きにはたまりませんねw。
特撮的には派手さはないけれど、須藤の身体の走査線(ノイズ)が強く印象に残ります。
でも最後の浅間山噴火はちょっとやり過ぎだと思うの…(´・ω・`)。

イラスト

『電送人間』
電送人間・イラスト

4コマ

実際にあったらしいよ
電送人間・4コマ


2015 tellme shigenaga