gallery

『地球防衛軍』

DATA
1957年12月28日公開 東宝
東宝特撮映画初の東宝スコープ作品

ストーリー

富士山麓周辺で山火事や山崩れが相次いで起きる。
さらに巨大なロボット・モゲラが現れ、町を火の海に。これらの出来事は何の前触れか?
何者かの仕業なのか?
…数日後、巨大なドームが出現、その中にはミステリアンという遊星人がいた。彼らは火星と木星の間にあった母星のミステロイドを十万年前の核戦争で壊滅させ、宇宙の放浪者となっていた。
ミステリアンはドーム半径3キロの土地と、地球人の女性との結婚の自由を要求。
しかしその科学力で町を破壊し、すでに3人の女性を拉致している彼らの要求を防衛庁は拒否、ドームを攻撃するが壊滅的な打撃を受けてしまう。
…この危機に各国の政治家や軍事専門家・科学者が集結し、地球防衛軍が結成される。

自分メモ

宇宙人侵略物!地球人を遥かに凌ぐ科学力を持った怪遊星人の侵略…だがこの物語の地球人もかなりの科学力だ!そして素早い決断力と結束力!素晴らしい!
けどこの映画の主役は元祖・パラボラ超兵器マーカライト・ファープだなっw!名前もカッコいい!
…しかしミステリアンも要領が悪い★そりゃあ母星も滅びるわ。あの達磨みたいなメットでは土屋嘉男のお顔も全くわからないでわないか…。
この作品には東宝特撮初の巨大ロボット・モゲラ(作中では名前は出ません)が登場。かわゆい♪
けどモゲラ見たさでこの映画観るとちょっと拍子抜けするかもw?(特に二機目★)

イラスト

『地球防衛軍』
地球防衛軍・イラスト

4コマ

モゲラ・ドリフ
地球防衛軍・4コマ


2011 telme shigenaga