gallery

『美女と液体人間』

DATA

1958年6月24日公開 東宝

ストーリー

雨の夜の東京。ある男が謎めいた失踪をする。男は麻薬密売に絡むギャングの三崎だった。
警視庁捜査一課は、三崎の情婦でキャバレー・ホムラの歌い手・新井千加子が何らかの事情を知っていると見て、千加子から話を聞くが手掛かりを得ることはできなかった。
…捜査一課長・富永の元に、友人で城東大学助教授の政田が訪ねてくる。
政田はこの事件には核実験の巻き添えに遭った第二竜神丸、そして大栄丸の船員が体験した出来事が関係していると話す。
核実験の死の灰を浴びた第二竜神丸の船員達の全細胞が液体化し、「液体人間」と変質したと言うのだ。
にわかに信じられない話だが、やがて第2の人間消失事件が起こった…。

自分メモ

東宝特撮映画・『変身人間シリーズ』と呼ばれる作品の第一弾。
都会の裏社会が舞台で、キャバレーにギャング・麻薬に拳銃と、怪しくて妖しい世界観が漂ってます。
ヒロインがギャングの情婦という設定やクライマックスのシミーズ姿に、きわどい衣装で舞う踊り子などにちょっぴり危険で魅惑的な、大人の世界を垣間見たり。
…液体人間の設定は今の感覚で観ると(当時もか?)さすがにぶっ飛んでます。
ここでの「放射能」はメッセージ云々というより、SF的なものの記号として捉えて観るものかなと思います。
「計り知れない・得体の知れないもの」という事かも知れません。
様々な工夫で撮られた、液体人間の質感や溶ける人間などの特撮シーンももちろん見所です。

イラスト

『美女と液体人間』
美女と液体人間・イラスト

4コマ

そんなスペックはない(たぶん)
美女と液体人間・4コマ


2013 tellmeshigenaga