gallery

『空の大怪獣ラドン』

DATA
1956年12月26日公開 東宝
東宝初のカラー特撮映画

ストーリー

九州阿蘇山付近の炭鉱で連続殺人事件が起こる。その犯人は古代の巨大トンボの幼虫・メガヌロンの仕業だった。炭鉱地下深くに眠っていた卵が、近年の水爆実験による地球環境の変化などで孵化したのだ。
…その後超音速で移動する正体不明の飛行物体が各地で目撃される。それは翼竜・ラドンだった。
ラドンもメガヌロンと同じく炭鉱で卵が孵り、メガヌロンを餌にして成長、マッハ1.5のスピードで福岡・天神地区に飛来する…。

自分メモ

『ゴジラ』から二年…カラー映画ですよ!炭鉱に夜のシーンの多いサスペンス風な序盤から、真夏の上空を超音速で飛ぶ謎の飛行物体への流れ…構成が絶妙です。爽快です。
主役怪獣のラドンがなかなか姿を見せないトコがいいですね〜。
そしてこの作品最大の見せ場であろう福岡のシーン、街のミニチュアに舞い上がる瓦の細かさ、焼けた街の臭いに埃っぽさまで伝わってきます。
ラストのラドンの最期…。複雑な感情を抱いてしまう名シーンですね…。
…阿蘇山噴火の溶岩、本物の溶鉄を使ったってのもなんだか凄いです。今じゃできない!

イラスト

『空の大怪獣 ラドン』
空の大怪獣 ラドン・イラスト1


『空の大怪獣 ラドン』メガヌロン
空の大怪獣 ラドン・イラスト2


4コマ

とあるメガヌロンの生涯
空の大怪獣 ラドン・4コマ


2010 tellme shigenaga