gallery

『透明人間』

DATA
1954年12月29日公開 東宝

ストーリー

或る日銀座で男が走行中の車に飛び込み自殺した。しかし車の下から発見されたのは男の服だけ。
その服のポケットから遺書が見つかる。男は太平洋戦争末期に軍によって透明人間にされ、特殊部隊の活動をしていた男だった。遺書には自分以外にもう一人透明人間がいると書かれていた…。
…世間を騒がしたこの事件直後、「透明人間」を名乗る者による強盗事件が起きる。
新聞記者の小松は強盗事件を追ううちに、ピエロ姿の男・南條を知る。南條がサンドイッチマンとして働くキャバレー黒船の経営陣には黒い秘密があった…。

自分メモ

『ゴジラ』と同じ年に公開、後年の「変身人間シリーズ」の前身である様な作風の映画です。
古い映画なので画面が観にくくて、特撮も今観るとちょっと荒いトコがあるけども、透明人間の表現を様々な特撮で撮ろうという工夫に試行錯誤が感じられます。
透明人間であることをピエロのメイクをすることで隠す、というアイデアが、主人公の辛く切ない心情をも内包していて感心しました。
…お姉さんが水着姿で吊るされてるスチール写真があったり、裏社会が舞台だったりしますが、
当時は「なんていかがわしいっヽ(`Д´)ノ!!」なジャンル扱いだったんでしょうかねえ〜?

イラスト

『透明人間』
透明人間・イラスト

4コマ

きえますよ
透明人間・4コマ


2012 tellme shigenaga