gallery

『宇宙大戦争』

DATA

1959年12月26日公開 東宝

ストーリー

1965年。宇宙ステーションJSS-3が謎の円盤群に破壊され、地球上では怪事件が相次いで起こる。
各国の科学者が東京に集い緊急対策会議が開かれる。会議に出席していたアーメッド博士がスパイ活動を行うが失敗し謎の円盤によって消される。直後、遊星人ナタールが地球を植民地にするべく侵略開始を宣言。
ナタールの前線基地が月にあると知った地球側は基地破壊のため、国際宇宙科学センターの宇宙工学博士である勝宮一郎他10人を、二機の宇宙艇スピップ号で月に派遣。
しかし搭乗メンバーで勝宮の友人・岩村は遊星人ナタールにコントローラーを埋め込まれていた。
岩村はナタールからスピップ号破壊の命令を受ける…。

自分メモ

'57年に公開された『地球防衛軍』の第二弾的な傾向の作品です。
驚異の科学力を持つ異星人の侵略にひるむことなく、地球人が力を合わせ戦う!!
…けどもいかんせん古い作品のせいか、ストーリーもキャラも淡々としていて、実は初めて観た時少し寝てしまいました★すみません。
公開された時代を思うと、リアルで宇宙開発競争が激しくなった頃で、'57年に初の人工衛星が打ち上げられ、さあ次は人類が宇宙に!(初の有人宇宙飛行は'61年)そして月に!!と、盛り上がっていた頃。この映画自体も本格的に宇宙やロケットやらが登場するという絵面だけで、当時はわくわくしたんだろーなあと。

イラスト

『宇宙大戦争』
宇宙大戦争・イラスト

4コマ

実は岩村は…
宇宙大戦争・4コマ


2015 tellme shigenaga