gallery

『帰ってきたウルトラマン』

DATA

1971年4月2日〜1972年3月31日(全51話) 円谷プロ
ウルトラシリーズ第4作目(第2期1作目)
TBS系 金曜19時00分〜19時30分
*劇場版3本
『帰ってきたウルトラマン』1971年7月21日公開 東宝チャンピオンまつり (第5・6話編集版)
『帰ってきたウルトラマン 竜巻怪獣の恐怖』1971年12月12日公開 東宝チャンピオンまつり
(第13・14話編集版)
『帰ってきたウルトラマン 次郎くん怪獣にのる』1972年3月12日公開 東宝チャンピオンまつり(第29話)

ストーリー

各地で眠っていた怪獣達が次々活動を始めた。
坂田自動車修理工場で働きつつカーレーサーを目指している郷秀樹は、街に現れた怪獣から逃げ遅れた少年と犬を救うが、命を落としてしまう。安置所の郷の前にM78星雲から来たウルトラマンが現れる。
郷の勇気に感動したウルトラマンは、彼と一体化し郷は蘇る。
その後、郷は怪獣攻撃隊MATに入隊。郷がピンチに追い込まれた時ウルトラマンに変身、街を襲う怪獣と戦う。

自分メモ

第二期ウルトラシリーズの1作目であります。昭和ウルトラでは一番好きです。ワンダバ〜♪
それまでの舞台は近未来でしたが、今作は放送当時の都会の工業地帯ちょい下町辺りが舞台に。
主人公の郷もそれまでのしっかりした大人のヒーローとは違い、まだ未熟な部分も多い青年となり、青春ドラマの要素もありました。変身アイテムがなく、序盤は自分の意思で変身できないのがまたもどかしいw。
1年間通して観ると「郷が本当のウルトラマンになるまでのお話」だったのかなあと。
『帰マン』と言えば問題作・異色作の続く「11月の傑作群」が有名ですが、子供を中心にした話も好きです。
ここでの怪獣は生活を脅かす敵として倒すものだけでなく、抑圧されてる自分を解放するものであり、自分の分身でもあり、ストレスの捌け口であり、成長するきっかけでもあり、時には救いでもありました。
…オレンジ色の印象の強い作品でした。そしてウルトラブレスレットはチートすぎw。

イラスト

『帰ってきたウルトラマン』ウルトラマンジャック
帰ってきたウルトラマン・イラスト1

『帰ってきたウルトラマン』怪獣たち
帰ってきたウルトラマン・イラスト2

『帰ってきたウルトラマン』丘ユリ子隊員・マットアロー1号
帰ってきたウルトラマン・イラスト3

『帰ってきたウルトラマン』坂田アキ・マットアロー2号
帰ってきたウルトラマン・イラスト4

4コマ

郷の意思で変身できない訳
帰ってきたウルトラマン・4コマ


2014 tellme shigenaga