gallery

『バトルフィーバーJ』

DATA

1979年2月3日〜1980年1月26日(全52話) 東映
スーパー戦隊シリーズ第3作目
テレビ朝日系 土曜18時00分〜18時30分
*劇場版1本
『バトルフィーバーJ』1979年7月21日公開 東映まんがまつり (第5話編集版)

ストーリー

現代科学を否定して原始科学を信奉し、世界各国で暗躍し事件を起こす秘密結社エゴス。世界を混乱させ人々を不安に陥れるのが目的だ。
そのエゴスが日本に上陸したという情報を得た国防省の最高幹部・倉間鉄山将軍は、国防省とFBIから選ばれた5人の若者をバトルフィーバー隊として結成する。
バトルフィーバーは強化服のバトルスーツを装着、バトルフィーバーロボにも乗り、エゴスと戦う。

自分メモ

以前はこの作品がスーパー戦隊シリーズ第1作目とされてました。(原作者・放送時間の違いなどで)
モチーフは世界のダンス、踊るように戦います(序盤くらいですが)。巨大ロボも登場。
基本はハードなスパイアクションだけどコミカルな話もあり、BFのメンバーは普段は遊ぶの大好き!
インベーダーゲームに熱中し過ぎて戦いがテキトーになり敗北し、鉄山将軍に怒られたこともw。
大人の事情でメンバーが2人交代します(ミス・アメリカとコサック)。
この頃はまだシリーズという認識でなかった事もあり、所謂スーパー戦隊シリーズお決まりのパターンが確立されていませんでした。
決まった名乗りがなかったり、エゴスの怪人はサタンエゴス(エゴスの教祖)の御子ということで幹部より偉かったり、巨大化するのはその怪人の弟or妹で等身大戦と巨大戦が同時進行したりなど。
BFのマスクや配色も変わっていて、今観ると新鮮に見えるかも?タイトルも異色ですね。
マーベルコミック社と提携していたのはシリーズではこの作品のみになります。

イラスト

『バトルフィーバーJ』
バトルフィーバーJ・イラスト1

『バトルフィーバーJ』ダイアン・マーチン&汀アリア
バトルフィーバーJ・イラスト2

『バトルフィーバーJ』バトルフィーバーロボ
バトルフィーバーJ・イラスト3

『バトルフィーバーJ』サロメ
バトルフィーバーJ・イラスト4

4コマ

緊張と緩和(初期メンバーで)
バトルフィーバーJ・4コマ


2017 tellme shigenaga