gallery

『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』

DATA

1967年8月3日〜1968年1月25日(全26話) 東映
NET系 木曜19時00分〜19時30分

ストーリー

山奥で、木曽仲経脳屁之斎斎(きそのなかのりのうへのさいさい)の下で修行しているハットリカンゾウことハットリくんは、ある夜流れ星を目撃。
次の日ハットリくんは遠足で山に来ていた藤野フジ夫と知り合い、流れ星の落ちた場所へ。すると隕石から忍者怪獣ジッポウが現れた!
脳屁之斎斎はたるんだ下界を正すため、ハットリくんとジッポウを下界へ向かわせる。
二人(?)は東京に向かいフジ夫と再会、フジ夫の家に居候する。

自分メモ

藤子不二雄A原作。『忍者ハットリくん』から1年後に放送された第2シリーズ。こちらはDVDや配信で全話観ることができます。
怪獣ブームの頃だからか忍者怪獣ジッポウが登場。ジッポウ君ちょっぴりやんちゃ可愛い、声可愛い。
ちょっと怖いかも…と思ってたハットリくんも観てるうちに可愛く見えてきた。いいコンビです。
ほんわかホームコメディと思いきや、第2話で家全焼とか結構ぶっ飛んでたw。頻繁にギャングは出るわ、藤野家をかき回す婆さんもいるわ…後のロボコンや不思議コメディシリーズにも繋がるテイストが既に出来上がってた。
ちなみに脚本の服部半蔵って、井上ひさしと山元護久の共同ペンネームだったのね。
第18話には藤子不二雄先生(この時はAとFの2人)も登場するよ!

イラスト

『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』
忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ・イラスト


4コマ

お風呂とプールは好きじゃない
忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ・4コマ


2020 tellme shigenaga