gallery

『七色仮面』

DATA
1959年6月3日〜1960年6月30日(全57話) 東映
NET系 水曜18時15分〜18時45分(第1話〜10話) 木曜18時15分〜18時45分(第11話〜第57話)
第5部より『新七色仮面』に改題、全7部
*劇場版13本
『七色仮面』1959年10月?日公開 『七色仮面 恐るべき復讐』1959年10月20日公開
『七色仮面 死の追跡』1959年10月27日公開 『七色仮面 南海の凱歌』1959年11月3日公開
『七色仮面 キングローズ悪魔の薔薇』1959年11月24日公開
『七色仮面 キングローズ消えた紳士』1959年12月1日公開
『七色仮面 キングローズ死者よりの挑戦』1959年12月8日公開
『七色仮面 レッドジャガー黒い手の戦慄』1960年1月15日公開
『七色仮面 レッドジャガー百万弗の対決』1960年1月21日公開
『七色仮面 レッドジャガー最後の切り札』1960年1月27日公開
『七色仮面 スリーエース悪魔の爪痕』1960年2月9日公開
『七色仮面 スリーエース真昼の誘拐指令』1960年2月16日公開
『七色仮面 スリーエース踊る黄金魔』1960年2月23日公開
テレビ版第1部〜第4部を再編集して上映。

ストーリー

各地に現れ悪事を働く悪の組織に立ち向かう私立探偵の蘭光太郎。
光太郎は特技の変装で敵を探る。正義の味方・七色仮面も現れ悪人を追い詰める。七色仮面の正体は?
この作品は同じ東映の映画で人気作だった痛快娯楽探偵物の『多羅尾伴内』シリーズ(「ある時は○○、またある時は△△、しかしてその正体は…!」という台詞が有名)をモチーフにしている。

自分メモ

川内康範原作。東映初の仮面ヒーロー作品。
主役の蘭光太郎を演じたのは波島進。第5部の『新七色仮面』からは千葉真一(デビュー作)が演じ、激しいアクションシーンが増えて子供達に人気が出た…らしい(渋好みの人は一代目派とか)。
この作品は劇場公開前提だったので、35mmフィルムで撮影されました。
映画版を観ましたが、第1作目ではOPでしか七色仮面が登場しなかったり、第3作目では全く蘭光太郎が出なかったり、今では信じられない展開に驚き。悪人の描写が丁寧で、本格的な推理ドラマでした。
蘭さんは変装楽しそうでした。
そういえばウッチャンナンチャンが主演した映画『七人のおたく』にも七色仮面登場してましたね。

イラスト

『七色仮面』
七色仮面・イラスト

4コマ

マスクの謎
七色仮面・4コマ


2010 tellme shigenaga