gallery

『吸血鬼ゴケミドロ』

DATA

1968年8月14日公開 松竹

ストーリー

羽田を旅立った伊丹行きのジェット機に何者かが爆弾を持ち込んだと連絡が入る。
機長と客室乗務員が爆弾を探すと、アタッシュケースに隠されたライフル銃が見つかる。
それは外国で要人を暗殺した男・寺岡の物だった。その時ジェット機が謎の光に包まれ山中に不時着。
乗員乗客10人が生き残るが、寺岡は、客室乗務員の女性を人質にして機外へ逃げる。
逃走中岩陰に着陸していた未確認飛行物体と遭遇、引き寄せられる様に船内に入った寺岡に宇宙生物に寄生する。
一方、寺岡に連絡網を破壊され救助が呼べず、人々は精神不安定に陥る。
そこに吸血鬼と化した寺岡が戻り、次々に乗客を襲う…。

自分メモ

松竹怪奇特撮三部作といわれる作品群の第一弾。
ゾンビ映画のような密室ホラー映画のような。生き残りの人達が極限状態に追い詰められる様はエゴむき出しで、観ていてなかなかしんどい。真夏設定らしくすごく蒸し暑そうだし、キャラがドロドロに濃くて(特に政治家周辺)心折れそうw。
宇宙生物が寄生するシーンなどはチープな部分もあるけど、描写はねっとりとグロい。(同じく改造シーンがねっとりグロい『海底大戦争』と監督が同じ人でした。)
爆弾といいライフル銃といい、この頃の飛行機は持ち物検査ってなかったの?
オチにはびっくりしたけどもこういうの嫌いじゃないわ。

イラスト

『吸血鬼ゴケミドロ』
吸血鬼ゴケミドロ・イラスト

4コマ

気休めにならない
吸血鬼ゴケミドロ・4コマ


2021 tellme shigenaga