gallery

『河童の三平 妖怪大作戦』

DATA

1968年10月4日〜1969年3月28日(全26話) 東映
NET系 金曜19時30分〜20時00分
*劇場版1本
『河童の三平 妖怪大作戦』1968年12月19日公開 東映ちびっこまつり(第7話)

ストーリー

河原三平は母親から絶対入ってはいけないと言われている部屋に、友人二人にそそのかされて入ってしまう。
部屋にあった河童の像が抱く巻物が記す通りに像を動かすと、三平だけ河童の国に飛ばされる。
三平は尻子玉抜きの刑を言い渡されるが、刑執行寸前に河童の天敵妖怪水鬼が現れ、国の跡取り娘カン子が攫われてしまう。三平は長老にかけ合い水鬼退治をすることに。長老は三平に河童八十八手の妖力を与える。
甲羅の六兵衛の力を借りて水鬼を倒し、カン子を救出した三平だったが、地上に戻るとこの出来事が妖怪世界の掟に触れ、母親は記憶喪失になり、さすらいの旅に出てしまっていた。
三平はカン子と六兵衛と共に母親探しの旅に出る。

自分メモ

水木しげる原作。原作は読んでないですがテレビ版とはかなり違うらしい。第1話情報量多すぎ。
三平役が金子吉延君、六兵衛が牧冬吉さんで『仮面の忍者赤影』の青影・白影コンビ。
金子君の三平は怖いもの知らずで堂々とした振舞い。芸歴15年くらいありそうな貫禄です。
妖怪は女性が多く、民話っぽく土着的でウェットなお話も多いです。
第14話でカン子役の子が降板、やらかしまくるいたち男との旅になりちょっとむさくるしい★
後半三平は妖力を無くすけど、人間の知恵で妖怪退治。人助けをして成長していきます。

イラスト

『河童の三平 妖怪大作戦』
河童の三平 妖怪大作戦・イラスト

4コマ

相撲に胡瓜に水に
河童の三平 妖怪大作戦・4コマ


2022 tellme shigenaga